読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活中の方にご一読していただ

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂をはじめますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸が欠乏してしまうと、たとえば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的なご飯以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているワケです。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。母子いっしょに健康な体でいるためにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、十分に葉酸を摂取するように心がけて頂戴。厚生労働省の推奨では一日当たり0.4mgと発表されています。これを野菜だけで摂取するのはとても大変ですから、サプリを活用してみるのが良いと思います。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、ちょっとしたコツがあります。葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱しなければいけない場合、長時間の加熱は避けて、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。こうした調理やご飯が負担だと考える方は、サプリを利用するのが一番簡単だといえますね。妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、適切な摂取が必要です。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段のご飯の数倍にも及ぶ葉酸が入っているため、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしてください。葉酸を摂りすぎると、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでおなかの中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。たとえば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだといえますね。また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けて頂戴。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟指せるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるのです。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみて頂戴。不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大聴く関わっています。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。ときにはお友達や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)に通ううちに高じてくるというケースもしばしば見られ、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないワケではありません。神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)には大いに助けになると思います。仲良くしているお友達が妊活を頑張っていた頃、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女によると体質から変えたい、と考えているようでした。漢方であれば、妊娠中でも飲向ことに抵抗がありませんね。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。不妊がつづく状態を打破するために、食生活を見なおしてみるのは大事でしょう。栄養を基に卵子精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、卵子精子の活発さは、それほど期待できないでしょう。妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活をつづけていくことが大事です。妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素をふくむので、意識して摂取していきたいですね。ただ、総合的に言えば、様々な食材をとるのが理想であることはミスありません。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが無難です。